FAQ The Staff-Vよくあるご質問

The Staff-V
よくあるご質問

    • 導入後、スムーズに本稼働できるのか不安です。

      スムーズにシステムを導入していただくために、専任のサポート担当者が訪問による導入指導を行います。
      直接お話を伺い、御社の運用にあった使用方法をご提案いたします。
      また、本稼働後であっても、運用方法の相談、使用中のトラブルついてはヘルプデスクにて随時対応しております。

    • 法改正等があった場合はどのように対応しますか?

      バージョンアップにより随時対応しております。
      バージョンアッププログラムはソフトウェアメンテナンス契約に加入していただいていてるお客様であれば無償で提供しております。

    • 現在使用しているシステムからのデータのデータ移行は可能ですか?

      CSVデータから、スタッフ情報・顧客情報取込が可能です。
      取込元となるファイルの項目順に指定はございませんので、取り込む形式にあわせてCSVファイルを加工する必要がありません。

    • どのような帳票が出力できますか?

      スタッフ関連書類(労働者名簿・職務経歴書)、各保険手続き書類、契約書・管理台帳、給与・賞与関連、請求関連、年末調整に必要な帳票をはじめ、人材ビジネス業務に必要な帳票が出力可能です。
      さらに、法定調書以外の書類についてはフォーマットや印字内容を自由に作成・変更することが可能です。

    • 複数の案件で稼働しているスタッフの管理はできますか?

      同一期間内に複数の案件で稼働していても、案件情報を作成することが可能です。
      請求書は請求書の送り先ごとにまとめて発行します。
      複数案件で稼働しているスタッフでも給与処理はスタッフごとにまとめて処理・管理されます。

    • 入力したデータを検索することはできますか?

      スタッフ情報、顧客情報、案件(受注・引当)情報に登録されたデータはほどんどが検索対象となります。
      また、それぞれの情報に紐づいている台帳関連、履歴関連の情報も検索可能です。
      さらに、案件情報に登録されている条件に合致するスタッフを検索する「マッチング」機能も充実しております。

    • 時給以外の給与形態には対応していますか?

      時給・日給・月給の給与形態に対応しております。

    • 請求、給与の締日が複数ありますが、対応できますか?

      複数締日、支払に対応しております。
      また、日毎の計算をすることも可能です。

    • The Staff-Vに登録されているデータをファイル出力することはできますか?

      CSVデータでの出力が可能です。
      基本的に全てのデータについて、必要なデータを選択して出力できます。

    • 個人単位抵触日・事業所単位抵触日の管理はできますか?

      個人単位抵触日・事業所単位抵触日の管理と、
      必要帳票への出力が可能です。

    • 教育訓練の受講履歴を管理することはできますか?

      はい。可能です。

    • 処理漏れを防ぐような機能はありますか?

      アラート機能や付箋機能を搭載しています。
      処理をするべき日を指定してアラートを表示させたり、忘れやすい事柄を付箋として表示させることができます。

    • 祝祭日が登録されていない

      管理者にお問い合わせください。
      届出項目に祝祭日または休日が登録されている場合は選択してください。

    • null errorが表示される

      DigiSheetサーバーとの通信が正常に行えなかった可能性があります。
      『BACK』をクリックして元の画面へ戻り、処理を再実行してみてください。
      再度null error表示された場合には管理者に連絡し、「どの画面」で「どのような操作」を行っていたかをお知らせください。

    StaffV お問い合わせ

    • 承認対象データが表示されない

      1.「勤務承認画面」の場合、スタッフが勤務入力のみで「報告」を行っていない
      勤務日については表示されません。
      該当スタッフが勤務報告をしているかご確認ください。

      2.「年月度」の選択は正しいですか?

    • スタッフが勤務入力したのに承認ができない

      1.「勤務承認画面」の場合
      スタッフが勤務入力のみで「報告」を行っていない勤務日については表示されません。対象スタッフに、勤務入力後、報告欄をチェックし『更新』をクリックするようご指示ください。承認が可能になります。

      2.「個人承認画面」の場合
      スタッフが勤務入力のみで「報告」を行っていない勤務日については、「報告」欄のチェックボックス、「承認」欄と「否認」欄のラジオボタンが表示されず、承認をすることができません。対象スタッフに、勤務入力後、報告欄をチェックし『更新』をクリックするようご指示ください。承認が可能になります。

    • 承認が更新されない。承認したのだが、反映されない

      『更新』をクリックしましたか?
      承認処理の際は必ず『更新』をクリックして、処理内容を登録してください。『更新』をクリックせずに勤務承認画面を終了した場合は、確認ウィンドウが表示されますのでご確認ください。

    • 利用状況に表示されない

      スタッフにご確認ください。
      スタッフが、指定した年月度のカレンダーを設定していない可能性があります。

    • 勤務状況に表示されない

      スタッフにご確認ください。
      スタッフが、指定した年月度のカレンダーを設定していない可能性があります。

    • 土曜日・日曜日・祝祭日は承認するのですか?

      該当スタッフに「勤務がなかった」という意味で承認を行ってください。
      スタッフ画面では、土曜日・日曜日・祝祭日は「休日」として勤務入力済みの状態で表示されます。
      予定通り休日の場合、スタッフはそのまま勤務報告のみを行うので、承認者の方は承認を行ってください。スタッフに休日出勤のある場合は、該当日に勤務入力のうえ、勤務報告を行いますので、内容確認のうえ承認を行ってください。

    • null errorが表示される

      DigiSheetサーバーとの通信が正常に行えなかった可能性があります。
      『BACK』をクリックして元の画面へ戻り、処理を再実行してみてください。
      再度null error表示された場合には管理者に連絡し、「どの画面」で「どのような操作」を行っていたかをお知らせください。

    • 代行者がログインできない

      1.代行者の代行期間(開始~終了年月日)から外れていませんか?
      2.代行者がパスワードやアカウント情報を誤って入力していませんか?

    お問い合わせ

    • 契約の新規契約を行ったときに、エラーが表示される

      契約情報に設定する派遣先情報に、「承認者」が設定されていないケースが考えられます。

    • 利用状況に表示されない

      スタッフがカレンダー設定していない可能性があります。
      契約情報の内容を確認し、スタッフにお問い合わせください。

    • 勤務状況に表示されない

      スタッフがカレンダー設定していない可能性があります。
      契約情報の内容を確認し、スタッフにお問い合わせください。

    • 契約期間と勤務データの期間が合わない

      スタッフ様のお知らせに『契約番号:XXXXXXは契約期間と作成済み勤怠データの期間が合っていません。お手数ですが、管理者にご連絡をお願いします。』とメッセージが出力されます。
      ※最近、契約期間を変更しませんでしたか?もとの契約期間に戻してください。(契約管理画面)

    • 契約期間短縮後、集計値があわない

      契約期間短縮を行う際、勤務カレンダーの短縮のみ行います。
      短縮の対象となった月度集計データが残存した状態になります。
      月度途中における短縮処理の場合は、勤務訂正画面で1日(その月のどの日でもかまいません)だけ、入れ直し、短縮された期間での集計を行ってください。

    • パスワードの変更方法を教えてください

      スタッフおよび管理者のパスワードを初期化するときはパスワード管理【■個人パスワード初期化 利用者検索】メニューにて、利用者区分を選択して利用者IDを入力します。
      また、承認者のパスワードを初期化するときは利用者区分へ「承認者」を選択して利用者IDおよび派遣先CDを入力して該当の承認者を検索し、「実行」ボタンをクリックします。

    • DigiViewerで勤務明細データが表示されない

      勤務データの参照性合成が崩れているか、コメント欄に不正データが含まれている可能性があります。
      デジシートサポートデスクにお問い合わせください。

    • マスターデータがアップされていない

      ・ 承認者データ 【 Boss.txt 】
      ・ 派遣先データ 【 Client.txt 】
      ・ 契約データ 【 Contract.txt 】
      ・ 所属データ 【 Dept.txt 】
      ・ 有休残日数データ 【 Leave.txt 】
      ・ スタッフデータ 【 Staff.txt 】

    • 勤務データ(XLS・CSVファイル)をダウンロードしようとすると Webブラウザ内にExcelのシートが表示されてしまう

      (1) エクスプローラを開きます。
      [ツール]-[フォルダ オプション]から表示されるダイアログの[ファイルの種類]タブで拡張子(csv)を選択し、[詳細設定]をクリックして、表示されるダイアログの[ダウンロード後に開く確認をする]にチェックをします。
      (2) 次に、[ファイルの種類]タブでExcelの拡張子(xls.ワークシート)を選択し、[詳細設定]-[ダウンロード後に開く確認をする]にチェックをします。
      (3) ブラウザを開き、「ツール」-「インターネットオプション」-「セキュリティ」-「レベルのカスタマイズ」-「セキュリティ」の設定画面で、一覧の [ダウンロード]領域で、 [ファイルのダウンロード時に自動的にダイアログを表示] の [有効にする] にチェックをします。
      (4) ブラウザの設定[ツール]-[ポップアップブロック]-[ポップアップブロック]をオフにしてください。

    • DigiViewerでCSVファイル入力が行えない (実行時エラー’3086’:指定されたテーブルから削除できませんでした )

      DigiViewerの属性が読み取り専用になっている可能性があります。
      DigiViewerのプロパティより、読み取り専用のチェックを外してください。

    • DigiViewerでCSVファイル入力が行えない (Error.No=3163 指定されたデータ量がフィールドサイズを超えています。 データ量を減らし、挿入または貼り付けを行ってください)

      DigiViewerに読み込ませるCSVファイルの保存先が、ディレクトリ階層が深い位置である場合にこのエラーが発生いたします。特に読み込み対象となるCSVファイルをデスクトップにおいてある場合に、この現象が起こりやすいようです。
      CSVファイルをディレクトリ階層の低い位置に置いてから(例 c:\tempの下にCSVファイルを置く)、DigiViewerへCSVファイルを読み込ませてください。

    • 勤務カレンダーに祝祭日が反映されていない

      年度締め月を基準とした年度毎に、祝祭日が登録されているかご確認ください。
      また、該当のスタッフの契約内容で祝祭日が『平日(稼働日)』になっていないかご確認ください。祝祭日が登録されていないカレンダーが作成済みの場合は、デジシートサポートデスクにお問い合わせいただくか、勤務データ訂正にてカレンダー変更する必要があります。(勤務データ登録済みカレンダーは一旦削除する必要があります)

    • カレンダー変更できない

      既にスタッフが勤務入力していると思われます。
      勤務内容をメモし、一旦勤務を削除してからカレンダー変更してください。
      変更後は既に入力済みであった勤務の入力を忘れずに行ってください。

    • 届出項目が削除できない

      既にスタッフが勤務入力で利用している可能性があります。
      届出区分管理の該当届出のパラメータ設定を「利用せず」に変更することをお勧めいたします。

    • 契約期間を正しく短縮するには?

      契約情報詳細画面からの「短縮」ボタンをマウスでクリックすることで、契約期間短縮画面が表示されます。短縮する期間内に休日出勤、有給休暇、振替休日の取得がないことをお確かめください。

    • 契約期間の前短縮はできますか?

      契約開始日を後ろに変える(契約期間の前短縮)ことは、できません。
      契約期間の前短縮が必要な場合は、別項の【作成済みカレンダーの契約開始日を短縮したい】をご参照ください。

    • 契約期間の短縮後、契約期間を延長したい

      契約情報が同じ場合は、延長できます。
      契約情報が異なる場合には、デジシートサポートデスクにお問い合わせください。

    • 契約情報の変更時の注意点は?

      契約情報の変更がある場合には、原則として新しい契約番号を取得してください。
      契約番号を新規におこさない場合には、変更以前の内容を確定してから変更をおこなってください。

    • null errorが表示される

      管理データに不整合が起こっている可能性があります。
      再ログインしても表示される場合にはデジシートサポートデスクにお問い合わせください。

    • データを削除・紛失してしまった

      DigiSheet 特別サポートサービス:データメンテナンスサービス
      【データ復旧サービス】をご利用ください。

    • 勤務データ出力時に設定した抽出済みフラグを解除したい

      DigiSheet 特別サポートサービス:データメンテナンスサービス
      【抽出済みフラグ解除サービス】をご利用ください。

    • 契約期間短縮(退職)処理したデータを復旧させたい

      DigiSheet 特別サポートサービス:データメンテナンスサービス
      【削除フラグ解除サービス】をご利用ください。

    • 作成済みカレンダーの契約開始日を短縮したい

      DigiSheet 特別サポートサービス:データメンテナンスサービス
      【カレンダーの期間変更サービス】をご利用ください。

    • 作成済みカレンダーの契約の〆日を変更したい

      DigiSheet 特別サポートサービス:データメンテナンスサービス
      【契約〆日変更サービス】をご利用ください。

    • お知らせメッセージを一括で送りたい

      DigiSheet 特別サポートサービス:データメンテナンスサービス
      【お知らせメッセージ設定サービス】をご利用ください。

    お問い合わせ